Mia noto: 前置詞+動詞不定詞

動詞不定形は、前置詞 por  sen  krom  anstataŭ と組み合わせて、副詞句を作ることができます。

 

por -i …  [目的:~するために]

Li klopodas por akiri bonan postenon.  彼は良い地位を得るために骨を折っている。

Mi frapis la pordon por veki lin.  私は彼を起こそうと、戸を叩いた。

[porの独立用法]

porと不定形の組み合わせには、挿入句のような用法があります。

Por diri senkaŝe, mi ne amas vin.  はっきり言って、君は嫌いだ。

Por diri la veron, la krimulo estas mi.  実を言うと、犯人は俺だ。

Li estas, por tiel diri, vivanta vortaro.  彼は、いわゆる生き字引という奴だ。

 

sen -1 …  [排除:~することなしで/~せずに]

Li foriris, sen diri adiaŭon al mi.  彼は別れも告げずに立ち去った。

 

krom -i …  [包含/除外:~するほかに]

Krom riproĉi, li blasfemis al mi.  彼は私を咎めるだけでなく、悪態さえついた。

Ĉu vi ne havas laboron krom manĝi kaj trinki飲んだり食ったりするほかに、何かやることはないのか。

 

anstataŭ -i …  [代替:~する代わりに]

Anstataŭ ĉeesti la kunsidon, li telefakse sendis sian opinion.  会議に出席する代わりに彼はFAXで意見を送ってきた。

引用:藤巻 謙一 著『まるごとエスペラント文法』JEI刊

広告
Both comments and trackbacks are currently closed.