Mia noto: 二重前置詞

◆二重前置詞は、前置詞を二つ組み合わせたものです。

 

起点

 前置詞「de」「el」とほかの前置詞を組み合わせて、移動の起点や時の起点を表わすことができます。

Kato kuris el sub la tablo.  テーブルの下から猫が駆け出してきた。

Kato saltis de sur la tablo.  テーブルの上から猫が跳び下りた。

 

veni de antaŭ la portego  門の前から来る  [移動の起点]

foriri de apud la patrino  母の傍らから去る  [移動の起点]

fali de super la tegmento  屋根の上のほうから落ちてくる  [移動の起点]

aperi el inter la arboj  その木の間から出現する  [移動の起点]

atendi de antaŭ unu horo  一時間前から待ってる  [時の起点]

tri tagojn de post lia forpaso  彼が亡くなってから三年間  [時の起点]

 

 

到達点

 前置詞「ĝis」とほかの前置詞を組み合わせて、移動の到達点や時の到達点を表わすことができます。

grimpi ĝis sur la pinto  [移動の到達点]

vivi ĝis antaŭ tri tagoj  [時の到達点]

 

 

移動の経路

 次のような二重前置詞も用いられています。

kuri tra inter homoj  人間の間を駆け抜ける

引用:藤巻 謙一 著『まるごとエスペラント文法』JEI 刊

広告
Both comments and trackbacks are currently closed.